生活リズムを整える方法

悩みの多い看護師の仕事ですが、中でも厄介なのが生活リズムが狂いやすい点です。普通に働いている分には問題がないのですが、夜勤が回ってくると一気に生活リズムが崩れてしまいます。夜勤は持ち回り制になっているケースも多く、断ろうとしても断れない場合があります。一度でも夜勤をすると、完全に生活リズムが夜型に変化してしまいます。

結果的に体内のバイオリズムが狂って、ときには体調不良に陥ってしまうこともあるでしょう。睡眠不足になったりと、実害も多いです。精神的に不安定になることすら考えられます。こうした問題を解決するなら、夜勤明けの過ごし方が重要になります。基本的に、夜勤の翌日は休みになります。ですから、その休みの日をどう過ごすかが重要になってくるのです。一日休みがあるわけですから、そこで生活リズムを修正しなければなりません。

夜勤明けは疲れているものですが、すぐに寝ずに可能な限り夜に近づいてから寝るといいでしょう。そうすれば、生活リズムが狂ってしまうことも少なくなります。ただ、夜勤明けの疲れた状態で半日起きていることは非常に大変です。多少の仮眠を取って無理をしない範囲で努力をするようにしましょう。若い人なら、積極的に夜勤を入れて、むしろ夜勤を仕事のメインにするという考え方もあるでしょう。そうすれば、稼ぎながらも生活リズムを一定に保つことができます。夜勤は一回あたり三万円以上もらえる場合もあり、非常に割のいい仕事です。体内リズムを保つコツを掴んで、夜勤の苦痛を少しでも減らしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です